FC2ブログ

終わりの始まり・・・?


以前リビルド宣言した赤Ω、ようやく完成しまして公認で使用してみました。
手ごたえは中々。もうすこし調整していけばかつてのように上手く回ってくれそうです。
なお
あくまで赤Ωで組んだのですが友人には「アウロラ」として分類されました(´・ω・`)
(反論できねぇ)

というわけで、どうもコゲです。


今日はTCG界を激震させた遊戯王のルール改訂について考えてみたいと思います。




さて

私は遊戯王は高校時代までがっつりやった後半引退、大学では身内大会用に幻獣機を1つだけ組み
身内企画終了後にそのまま引退したクチです。

昔から相変わらずの雑魚っぷりでしたが、高校時代はともかく
近年の遊戯王は1ターンが本当に長く、ハマれば次のターン命は無いなんて状態ザラでした。
融合・シンクロ・エクシーズと来て、そして最近はペンデュラム召喚なんてものまで登場したみたいです。
とにかくゲーム展開が早い。

(これはどのTCGにも共通ですが)1枚当たりの単価も高く、環境ともなれば数万飛ぶなんてあたりまえ。


・・・そんなものが次世代で紙切れになるかもしれない。
なんて言われて荒れないわけがないんですよね。
マスター4ルールではエクストラデッキから召喚できるのが1枚だけ、エクストラゾーン枠にしか出せないことになり
他のフィールドにエクストラモンスターを出すためにはリンク召喚という方法でリンク効果を持つカードを召喚し、フィールドにエクストラモンスターを出せる状態にしなければならないことになるようです。

つまり
これまでエクストラデッキ多用してきたデッキタイプは軒並み運営により爆死させられるかもしれない
ということが仄めかされてしまったんですね。

インフレを抑えて新規ユーザーを参入しやすくするため、とか
強制的に買わせる、環境使い捨て戦略にした、とか
色々言われておりますが正直現状は憶測でしかありません。

というのも、さすがにこんな情報出せばユーザーが猛反発することは必至なわけで
これまで十数年開発をしてきたコナミがそんなことも予測できないとは思えないわけです。
なので、「何かしら救済策を用意している」・・・と思いたいところです。まあ、これも憶測でしかありませんが。


ただ問題は、日本でも最も古いTCGの一つが
「環境丸ごと落とすかもしれない」戦略を打ってきたというところです。
MTGでいうところのスタン落ちの前例を作り出したところにあります。
そしてさらに問題なのは、現状の日本製TCGにはスタン落ちした先が「紙束」の末路しかないというところです。

MTGのようにスタンダードとモダンのようなグループ制度が確立しておらず
一元的な禁止制限で管理されている現状の和製TCGには、この改訂からもたらされ得る超消費型コンテンツは
余りにも過酷すぎます。


まだ正式発表されていない段階ですので、コナミのこの改訂の目的が何なのか
それが発表され次第また書いてみたいと思います。

場合によってはTCG業界に止めを刺す可能性も持ってますからね・・・

コメントの投稿

非公開コメント

連絡事項
連絡事項をお知らせ!
・連絡用BBS開設(8/31)
第5回Hy☆sis杯開催予定
プロフィール

Rip&Koge

Author:Rip&Koge

コゲ
《ヴァイス暦 5年(引退) ヴァンガ暦 1年(引退)アンジュ 2年ぐらい(販売終了)》
TCGそっちのけで流行りものを追いかけたり
ゲーム実況なんかをしてる人(来場者一桁)
最近はもっぱら艦これアーケードしかやってない。





RipTon
《ヴァイス 引退 ヴァンガ暦 1年半くらい。》
デッキビルダー、デッキは総合力がモットー。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブログコンテンツ


Hy☆sis内連絡用掲示板
リンク